スコットペリー

リスニングパワーを聞き続けることで英語耳が作られる

「何年も勉強しているのに英語力が上達しない」

 

「どうやったら字幕なしで洋画が理解できるようになるのか」

 

「繰り返し英会話を聴いているのにリスニング力が身につかない」

 

英語上達の重要な基礎となるのは、リスニング力です。

 

テレビ番組「ハローコレクション」で道端カレンさんが紹介し話題になった
スコットペリー氏の英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。

 

この教材で海外生活の経験がなくてもネイティブと間違われるほどの
リスニングと発音ができるようになった人達の感想を見てください。

★リスニングパワーの体験者の生の英語を聴く・ここをクリック★

 

アメリカの言語学者スコットペリー氏は
15年以上も日本人の英語を指導して来ました。

 

そして、日本人がなかなか英語会話が上達しないのは、
しっかりした理論にもとづいた発音の練習を行っていないからだと言います。

 

英会話

英語学習の上で一番のポイントは、

英語と日本語では話している音の周波数が全く違うことです。

 

これを意識したトレーニングを行わないと
いつまでたっても正確なリスニングができないのです。
聴覚を英語の周波数を聞き分けるように発達させ
英語耳を作ることで完璧なリスニング力が身に付き、
ネイティブレベルの発音が可能になるのです。

 

リスニングパワーCDを30日間聞き流せば、
ネイティブの「英語耳」と「発音力」が身に付くのです。

 

 

↓↓↓↓↓リスニングパワーで英語耳の秘密・ここをクリック↓↓↓↓

リンク

外国語なら英会話

ここ数年の間に英会話の人気は下降気味でした。中国の経済の発展が著しく、ビジネスや観光でも中国語がもてはやされてきたのが、大きな要因だったと言えるでしょう。世界一の人口を抱える中国は、市場規模でも大きな魅力です。下落する一方の日本国内の消費に見切りをつけた多くの企業が、中国進出を推し進めてきました。その結果中国語の需要が高くなってきたのです。中国語をマスターすることは、大きなスキルアップにつながり、より重要な仕事を任されるようになりました。しかし、去年の尖閣諸島の領土問題で発生した中国のデモにより、日本の企業は大打撃を受けました。そのため中国進出をしていた企業も見直しの必要が出てきたのです。日本での中国景気も急速にしぼんで、中国語の人気も急落しました。

 

中国語以外にアジアの言語で人気となったのが、韓国語です。相変わらずの韓流ドラマの人気に加えて、KARAや少女時代、東方神起などのK−POPアイドルも大人気となりました。加えて、不況と円高の影響で海外旅行も近場の韓国や中国が大人気となり、特に国内旅行感覚で行くことができる韓国旅行は急成長です。それとともに韓国語をマスターしたいという人が増えてきて、数多くの韓国語教材や韓国語教室も誕生してきました。スマップの草g剛など、多くの芸能人も韓国語を学び、韓流ブームが盛り上がってきたのです。しかし、韓国も中国と同様に竹島の領土問題で日本ともめています。去年の李明博大統領の上陸問題で、日本国内の韓国人気もすっかり下落し、近年のNHK紅白歌合戦には、K−POPグループは全く出場できませんでした。

 

人気だった韓国語や韓国旅行も下火になり、それに代わってヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどの英語圏の旅行が人気を取り戻しました。当然英会話の人気も復活したのです。中国の人口がいくら多いとは言え、独裁国家で不安定な印象があるので、ビジネスや経済の中心は、なんと言ってもアメリカやヨーロッパなどの英語圏の国々が中心になります。日本語以外に何か外国語をマスターするのなら、やはり英会話が基本となるのは間違いないでしょう。

多様化する英会話学習

とっさの時でも英会話が、口から自然に出てくるのが理想と言えるでしょう。そんなことを夢見て、大人になってから英会話スクールに挑戦する人も多いのではないでしょうか?社会人になってから英会話教室に通い始める人には、それぞれのいろいろな事情があるようです。例えば仕事の関係で海外に出張に行く機会が多くなって来たり、海外から訪れる仕事関係の人をもてなすことが多いので、英会話の上達が必要なので、英会話学校に通っているという人もいます。あるいは、英会話位マスターしておかないとグローバル化の国際社会に置いてけぼりになってしまうからと、英会話の勉強を始める人もいます。

 

英会話を真剣に習い始めるのは、圧倒的に社会人になってからが多いようですが、そのことから英会話教室が、駅前やビジネス街の最寄りのビルの通いやすい場所に多く集中しているようです。英会話を短期間で身に付けるために必要なのは、柔軟な発想ができる脳の働きだと言えるでしょう。社会人になってからでは、英語に対する柔軟な脳を身に付けることは困難かもしれませんが、週に1回でも英会話学校で、ネイティブな英語に接していれば、徐々に英語発想の脳に変化してくるかもしれません。

 

本格的に英語を勉強したいと考えている人は、英会話スクールに通ったり、留学して短期集中で英会話を習得するといった方法も考えられます。あるいは、もっと手軽に自宅で英語を勉強したいという人のためには、インターネットなどを利用して、英会話を身に付けるといった方法もあります。今は、多様化の時代になってきたので、人それぞれのライフスタイルに合わせた、最も効率的な英語学習の方法をチョイスるのがベストだと言えます。